第二回 フィルム一本勝負 in 小樽手宮 (CommA)
b0115068_1035128.jpg

< FM2n / Auto Nikkor-S C 50mm F1.4 / PL / FUJI SUPERIA100>



【ハナダイロ】
c0084666_2136219.jpg


 勝負開始、歩き始めて路地曲がったらいきなりこれ。この瞬間、やぁらかい春なんてどっかに吹っ飛んじまいましたよ...


【影は踊る】
c0084666_21361576.jpg


 この手の扉にはとりあえず正対しちゃうのが私のクセです。斜めから開放で狙ったのもあるんですが(INDEXの3,4)、質感がいまいち狙いにはまってないのでボツ。


【神の左手】
c0084666_21362624.jpg


 穴を主役に据えるかどうかでしばしお悩み...せっかくだからやっちゃえ、と。INDEX10はそのへんの迷いが吹っ切れずでした。穴にピントの芯を決めたついでに、流れに逆らわず横位置へ。


【進入禁止】
c0084666_21364575.jpg


 不思議とやたらにかぶった被写体。なんでしょうかね、思わず立ち止まらせられました。うしろの木枠は犬小屋でして...これは別途、D70バージョンを出そうかと思ってます。


【幻惑の坂】
c0084666_21365779.jpg


 たまらん。たまりません。小樽手宮。
 人待ちに応えてくれた通行人さんにも、大感謝。


【寂しい一等地】
c0084666_21371083.jpg


 撮り手的には今回の一押しです。狙い通りに一発で決まってくれました...こういうときには、INDEX出してるとちょっと胸を張れたりもしますね。でへへ。
 書いてしまいますがちなみに狙いは...売地の看板の見え具合でした。


【終焉】
c0084666_21373641.jpg


 やはり踏み込みの加減には悩みます...


【市井の人】
c0084666_21374955.jpg


 しっとりと落ち着いた暮らしぶり。ある意味、今回の唯一のカットかもしれません。


【守る礎】
c0084666_2138888.jpg


 運河から海方面へ。天気がいいとどうしてもね...水場に向かって行っちゃうんですよ...


【見つめてごらん】
c0084666_21383991.jpg


 宴会で、「同じのが四枚っていうのはなにか...」と直球いただいたカットです。どわぁ。
 絞り具合とタテヨコでもって、ににんがしぃの四枚、だったんですが...結局セレクトは最初の一枚。まぁねぇしかし、それぞれなりに成立してたんで、これはこれでよかったかなぁと...


【風の向くまま】
c0084666_21391315.jpg


 カモメに撮らされたカットです。まだ構図詰めてる途中なのに、カモメ見たとたんについ人差し指が...。
 けれど構図組みきってカモメを待って撮った二枚目INDEX34はしかし、まとまりすぎててひとっつも面白くないのでありました。奥が深い。


【ずっと空を見ている】
c0084666_21392351.jpg


 引退して岸に繋がれて、でもそれでもいまでもなお、ずっとじっと、空を見続けているんです...

 船って美味しいですねぇ...これがラストカットで勝負終わりなんですけど、このあと続けて予備の24枚、撮りきっちゃいました。えぇ、船ばっかで。

[PR]
by filmippon | 2007-05-05 11:59 | 記録
<< 第二回 フィルム一本勝負 in... 第二回 フィルム一本勝負 in... >>