「フィルム一本勝負」とは
普段デジタルばかりで写していたブロガー数名が、ふとデジタルを離れ銀塩フィルムに勝負を挑んだことから、「フィルム一本勝負」は始まった。

「フィルム一本勝負」とは何か。
制限時間内に、あるエリアで、写真を写す。しかし、そこで使えるのはフィルム一本、レンズも一本だけ(もちろんカメラも一台)。一本撮り切ったフィルムは即現像、プリント。出来上がった写真を持ってすぐに「写真を見る会」を開催。その間に写真のセレクトは一切無し。インデックスも含めて撮影順に一本まるまる曝け出すことが原則である。
(基本的に「写真を見る会」は、居酒屋等で行われ、写真を肴においしいお酒を飲む。ことも一つの目的である。)
さらに後日、各々ブログにインデックスも含めて写真をアップして、もう一度楽しむ。これがフィルム一本勝負である。

一本勝負というからには、勝負の相手がいるわけであるが、それはシャッターを押す自分自身であり、勝負の結果も一番よく分かるのは自分である。

普段使っているデジタルカメラと違い、気に入らないカットを消去することもできず、そのまま曝け出さなければならない。しかも時間軸で見えるため、どんな風に撮影者の目が変わっていったのか、どこで試行錯誤があったのか、すべて見えてしまう。逆に撮影するときにも、フィルムであるから枚数の制約があり、デジタルのように結果も確認できず、あとで見られることも意識するから一枚一枚がかなりのプレッシャーとなる。これこそ一本勝負の醍醐味である。


このブログは、「フィルム一本勝負」を記録していくためのブログである。
もちろん各自の記録の中心は、各自のブログであるが、全体を見渡す意味でこのブログを立ち上げることとした。

ぜひ、参加者たちの己との戦いぶりを見て頂きたい。(ainosato)


(この投稿は、当面 上のほうに来るように設定してあります。 この下の記事から更新されています。)
[PR]
by filmippon | 2012-10-03 23:59 | 定義
<< 写真展「フィルム一本勝負・フィ... 当ブログの運用方法 (含む目次) >>